みんなの目の下のたるみ解消法

顔の印象を老けさせる目の下のたるみを効果的に解消する方法

目の下のたるみがあると、なんだか顔全体がとても疲れた印象になり、何よりも老けた印象を人に与えてしまいます。

 

鏡で身分の顔を見たときに目の下の部分が膨らんでしわが出来てしまっていたりする部分です。

 

そもそも目の下にたるみが現れる原因は目の周りの眼輪筋が弱くなることで、顔の内側部分にある脂肪が少しずつ前に飛び出してきてしまうことです。

 

そしてこの眼輪筋の力が弱くなるのは加齢によるもののほか、紫外線で組織が破壊されたりといった外的な刺激や、むくみによっても起こります。

 

大きく分けるとこの目の下のたるみには加齢によって目の下の部分のクッションのような役割をしていた脂肪が押し出されてできるものと、血行不良で顔がむくんでできるものとがあります。

 

加齢によって眼輪筋が衰えることでできるたるみには、眼輪筋を鍛えるためのエクササイズをすることが効果的です。顎を首に近づけるようにした状態で思い切り上目遣いにして目を開きます。そしてくちを大きく縦に開き、白目を向いた状態にしたら、下まぶたを使って目を開けたり閉じたりと言う動作を繰り返します。顔が大きく縦に伸ばされ、下まぶたに力を入れて目の開閉をすることで、眼輪筋が効率よく鍛えられ、目の下のたるみの解消や予防に繋がります。

 

また、目の周りにあまり強い刺激を与えることを避けます。筋肉を繰り返し強くたたくいたりすると組織がダメージを受け弱るため、特に目元の筋肉はたたいたりといった刺激を避け、優しく触れるようにします。

 

そして顔のむくみで目の下にたるみが出来ている場合には、体を温め、血流を促進させて発汗させることで老廃物を流しだすようにします。

 

持病があって医師から止められている人は注意が必要ですが、サウナやホットヨガや岩盤欲などを上手に活用するのもおすすめです。

 

目の下 たるみ解消